秋元通信

ひまわりと花粉団子

  • 2017.8.29

昨年も本ブログで取り上げたひまわり、今年も撮影してきました。
 
今回注目したいのは、蜜を集めるべく暑い中も働き続けるミツバチ。
そして、その花粉団子です。
 
そもそも、花粉団子ってご存知ですか。
以下画像をご覧ください。
 

足に大きな花粉団子を抱えたミツバチ。

足に大きな花粉団子を抱えたミツバチ。

 
花粉団子とは、ミツバチの後ろ足に付いた黄色の塊です。花粉を集めた塊なので、花粉団子と呼ばれています。
ミツバチが、蜜を求めて花弁の奥にカラダを突っ込むと、頭からお腹にかけて生えている細かい毛にたくさん花粉が付着します。ミツバチは、その花粉を集めたばかりの蜜で湿らせながら、後ろ足にある花粉カゴと呼ばれる部分に集めます。花の周辺で、ホバリングしているミツバチを見たことはありませんか? ミツバチは、飛びながらカラダに付着した花粉を団子状にまとめるんですね。
 
集められた花粉団子は、蜜とともに巣に持ち帰ります。糖を主成分とする蜜に対し、花粉はタンパク質やビタミン、ミネラルなどを含みます。
花粉団子は、時にミツバチの体重の半分に及ぶこともあるそうです。過積載というか…、力持ちです。
 
今回、撮影したひまわり畑は東京都清瀬市にあります。清瀬市では毎年ひまわり畑を公開しています。今年は9月3日(日)まで公開しているとのことですので、興味のある方は足を運んでみてください。
 
 
 

フォトギャラリー

※画像はクリックで拡大します。
 


 
 

参考リンク

「第10回清瀬ひまわりフェスティバル」(清瀬市)
http://www.city.kiyose.lg.jp/s029/050/010/010/010/20170705112712.html


関連記事

■数値や単位を入力してください。
■変換結果
■数値や単位を入力してください。
■変換結果