秋元通信

全日本トラック協会 インターンシップ助成金について

  • 2017.4.18
助成金は、点呼や始業前点検、乗車体験などを行えば受給資格を得ることができる。

助成金は、点呼や始業前点検、乗車体験などを行えば受給資格を得ることができる。

全日本トラック協会では、「インターンシップ導入促進支援事業助成金」を行っています。今年の実施要領もすでに公開されています。重要なポイントだけをかいつまんでご紹介しましょう。
http://www.jta.or.jp/keieikaizen/yushi_jyosei/intren2017/intern_2017.html

  • 助成金の金額は、インターンシップ三日間の実施で9万円から。
  • カリキュラムにおいて、トラック乗車体験や点呼、始業前点検など、運送業で行う安全への取り組みを紹介すること。

ざっくりと言えば、ポイントはこれだけ!
一般的な助成金/補助金の実施条件と比べると、異常(と、あえて言ってしまいます)に緩いです。
それだけ、トラック協会としても業界のヒト不足問題に対して真摯に向き合っていると言えるでしょう。

「そうは言っても、どうやってインターンシップを実施したら良いのか、分からないよ…」

もちろんだと思います。だとしたら、弊社にお手伝いさせてもらえませんか?
ご承知のとおり、すでに弊社ではインターンシップに対するノウハウを持ち合わせております。
講義用の資料も提供しましょう。
カリキュラムも提供しましょう。
なんでしたら、座学の講師も弊社から提供することもやぶさかではありません。
もちろん、貴社と弊社の業務は異なりますから、同じカリキュラムを行うことは難しいかもしれません。もちろん、貴社の業務にマッチしたカリキュラムを考えます。実際のインターンシップの遂行やディレクションまで、弊社がきっちりとお手伝いします。

断言します。
インターンシップを行った経験は、貴社の業務に必ず役立ちます。必ず貴社の採用力を高めます。

ご興味のある方、まずはお声がけください。
ともに、未来の物流人を育てるチャレンジをしてみませんか!?


関連記事

■数値や単位を入力してください。
■変換結果
■数値や単位を入力してください。
■変換結果