秋元通信

【2019/6 #2】メルマガバックナンバー

  • 2019.6.27

こんにちは。
 
メルマガのネタ集めで見つけた、高倉健さんと宇崎竜童さんの素敵なエピソードをご紹介しましょう。
 
コトは、1994年に映画化された、『四十七人の刺客』(原作:池宮彰一郎、監督:市川崑)の撮影現場で起きました。
問題のシーンは、高倉健さんの背後で、宇崎竜童さんが号泣するシーンだったそうです。
まず、高倉健さんのアップから撮影します。宇崎竜童さんは写っていません。が、高倉健さんの名演技に、宇崎竜童さんは思わず落涙してしまったそうです。
 
これはマズイ…。
宇崎竜童さんが落涙するシーンは、昼休みを挟んで撮影します。号泣するシーンを演じたことがなかった宇崎竜童さん、先に涙してしまったことで、「本番で泣くことができるだろうか?」という、頭が真っ白になるほどの強いプレッシャーを感じていたとのこと。
弁当を食べながら、「さっきのシーン、僕を撮影してなかったですかね?」とつい高倉健さんに愚痴をこぼしてしまうも、高倉健さんに「ハリウッドでもない限り、それはないですね」と諭されてしまったそうです。
 
いよいよ本番。
最初のテイクでは、先ほどの高倉健さんのセリフを思い出し、涙の塊が胸を上がってきたました。
しかし、照明さんから「太陽が隠れました!」と声がかかり、休憩を取ることになります。
 
二回目のテイク。
ここでもうまく泣けそうだったものの、「すいませーん」とスタッフから声がかかり、中断です。
 
三回目。
「もう無理だ…」、宇崎竜童さんは思ったそうです。
「目薬でごまかそう…」、本物を求める市川崑監督、高倉健さんの作品において、絶対にやりたくなかったことではありましたが。
これで泣けなかったら、監督にお願いしようと覚悟したときでした。
 
『殿が云われた…、殿は10歳であった…。米はあるのか。この殿のやさしい心づかいに胸をうたれた』
 
高倉健さんの声が聞こえてきたそうです。
きっと高倉健さんは、涙が出そうにない宇崎竜童さんの様子を察していたのでしょう。その日、もう出番はないのに、現場に控えていた高倉健さんは、とっさにセリフを喋ってくれたそうです。
 
無事、号泣する演技を終えた宇崎竜童さんが、大先輩の心づかいにお礼を言おうとしたときには、高倉健さんは姿を消していたそうです。
 
 
このエピソードに限らず、高倉健さんには、大物俳優らしからぬさまざまなエピソードがあります。
こういう気配りを見習いたいものですね。
 
 
さて、今回のメイン記事は、気配りの筆頭ともいえるあいさつについて考えます。
サブ記事では、2019年3月に卒業した大学生、高校生の就職状況について、確認します。
 
では、本編をお楽しみください。
 
 
 
■今号のメニュー■
1. あいさつのチカラ
2. 物流関連ニュース
3.2019年3月卒業 大学生と高校生の就職状況を振り返る
 
 
 
■ あいさつのチカラ ….。..。..。..。..。..。
 
こちらの記事をご覧ください。
 
 
 
■ 運送関連ニュース ..。..。..。..。..。..。..。
 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 「物流ウィークリー」から、運送関連ニュースを
 ピックアップしてご案内いたします。
 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 
◇ 新幹線物流 JR東日本が実証実験スタート
https://weekly-net.co.jp/news/47224/
 
◇ 「自動車運転」の有効求人倍率 大都市ほど高い傾向に
https://weekly-net.co.jp/news/47133/
 
◇ 新車の納期に1年以上 中古トラックにも影響が
https://weekly-net.co.jp/news/47129/
 
◇ 神ト協 高校生対象の準中型免許アンケート、認知度は昨年より向上
https://weekly-net.co.jp/news/46338/
 
 
 
■ 2019年3月卒業 大学生と高校生の就職状況を振り返る ….。..。..。..。..。..。
 
こちらの記事をご覧ください。
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
 
 
 

枕文、高倉健さんのエピソードの出典

 
高倉健–すべての日本人を魅了する「美しい挨拶」–名優が見せた「さりげない心遣い」と「言葉の力」 (特集 心の知能指数–職場不安に勝つ「ビジネス心理学」 ; PART4 世界を動かす「気働き」–トップに立つ者たちは、いつ、誰に、どんな配慮をしているのか)
野地 秩嘉
プレジデント 2004.3


関連記事

■数値や単位を入力してください。
■変換結果
■数値や単位を入力してください。
■変換結果