秋元通信

2019年検索ランキングから、物流を診る

  • 2020.1.22

ネット検索は、もはや私どもの生活に欠かせないツールとなっています。
知らない言葉を聞けば、ネット検索で意味を調べ、行きたい場所があれば、行き方を調べ…、私どもの「知りたい」という欲求を満たす入り口が、GoogleやYahoo!などのネット検索になっています。
 
新年1号目の秋元通信では、Google検索ランキング2019を診ながら2019年を振り返り、そして物流関係のキーワードを診ながら、2020年の物流業界を占いましょう。
 
 

「Year in Search: 検索で振り返る 2019」

 
Year in Search: 検索で振り返る 2019」は、Googleが発表している注目の検索キーワードランキングです。検索数の絶対値ではなく、2018年と2019年の検索数を比較し、大幅に検索数が増えたキーワードをランキングしています。
 
では、その一部をご紹介しましょう。
 

急上昇ランキング
  1. 台風19号
  2. 令和
  3. ラグビーワールドカップ
  4. あなたの番です
  5. ドラクエウォーク
  6. オリンピック チケット
  7. 京都アニメーション
  8.  鬼滅の刃
  9. 吉本興業
  10. g20

皆さん、すべてのキーワードをご存知ですか?
新聞社など、メディアの選ぶニュースセレクトと違い、より肌感覚に近い話題キーワードがしっかりと盛り込まれている印象を、私は感じます。
一位となった、「台風19号」に関しては、その前に甚大な被害をもたらし、激甚災害と指定された台風15号の影響で、検索数が増えたのでしょう。
 

話題の人(総合)
  1. 沢尻エリカ
  2. 蒼井優
  3. ピエール瀧
  4. 新井浩文
  5. 二宮和也
  6. 滝川クリステル
  7. 大坂なおみ
  8. 井上尚弥
  9. 小泉進次郎
  10. 渋野日向子

薬物関係がふたり、不祥事がひとり(進次郎氏も含めるとふたりでしょうか)含まれています。スポーツ関係が3人、結婚された方が4人ですね。
 

◯◯とは
  1. ペイペイ とは
  2. タピオカ とは
  3. ホワイト国 とは
  4. ハンセン病 とは
  5. mdma とは
  6. モラハラ とは
  7. g20 とは
  8. 軽減税率 とは
  9. gsomia とは
  10. ノーサイド とは

「◯◯とは」というのは、意味を調べる検索方法の定番です。
一位の「ペイペイ」は、CMのインパクトも含めて、調べる方が多かったのかもしれません。ランキング全体を診ると、政治経済関係のキーワードが多く入っています。
 
「Year in Search: 検索で振り返る 2019」では、他にも映画、令和、ラグビー選手、話題の夜景スポットといったキーワードごとのランキングが紹介されています。
ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。
 
 

物流関係キーワード 過去5年間の動向

 
ここからは、Googleトレンドを利用し、過去5年間(2015年~2019年)における物流関係キーワードの検索数増減を診ていきましょう。
(以下、2015年を基準に、以降の増減率を表記していきます)
 

キーワード「物流」
    2016年 105%
    2017年 109%
    2018年 115%
    2019年 117%

キーワード「物流」の検索数が、堅調に増加していることが分かります。
ちなみに、キーワード「物流」と関連付けられる、直近の急上昇キーワード(※急激に検索が増えたキーワード)は、以下のとおりです。

  1. 三菱 地所 物流 リート 投資 法人
  2. 重要 物流 道路
  3. ihi 物流 産業 システム
  4. 関西 物流展
  5. 三菱 ケミカル
  6. 春日井 物流 サービス
  7. 三菱 ケミカル 物流
  8. 物流 ロボット
  9. 美濃 物流
  10. シモハナ 物流 浦和
  11. 物流 時代
  12. シモハナ 物流 評判
  13. 物流 センター 火災
  14. 共同 物流 サービス
  15. ホワイト 物流
  16. 佐々木 物流
  17. 日鉄 住金 物流 君津
  18. 大福 物流
  19. 友和 物流
  20. ユウケイ 物流

「物流」に関連して検索されているキーワードは、そのほとんどが特定の企業名であることがわかります。物流業界そのものを理解を深めるためのキーワードは、「ロボット」「共同配送」「ホワイト」など、ごく一部しかありません。
 
 

キーワード「運送」
    2016年 103%
    2017年 110%
    2018年 116%
    2019年 116%

2018年まで急上昇したものの、2019年は検索数が伸びていません。
 

キーワード「倉庫」
    2016年 102%
    2017年 106%
    2018年 106%
    2019年 110%

直近の急上昇ワードを診ましょう。

  1. おもちゃ屋 さんの倉庫
  2. 建築 倉庫 ミュージアム
  3. 電車 倉庫 地図 記号
  4. ハコフグ 倉庫
  5. 西友 倉庫 館
  6. マンガ 倉庫 時津
  7. 果樹園 地図 記号
  8. コストコ 浜松 倉庫 店
  9. マンガ 倉庫 加治木
  10. ぐるぐる 倉庫 植木
  11. アスクル 倉庫 火災
  12. ネタバレ 漫画 倉庫
  13. 敦賀 赤レンガ 倉庫
  14. gigazine 倉庫
  15. グラブル 倉庫
  16. gta5 乗り物用 倉庫
  17. 寺田 倉庫 採用
  18. おもちゃの倉庫
  19. ここ から 赤レンガ 倉庫
  20. 寺田 倉庫 スターウォーズ

キーワード「倉庫」の検索数が伸びているからと言って、イコール倉庫ビジネスへの注目が集まっていると考えるのは早計であることが分かります。
急上昇キーワードのほとんどは、本来の倉庫ビジネスとは関係のないキーワードばかりです。
 

キーワード「物流不動産」
    2016年 136%
    2017年 102%
    2018年 123%
    2019年 95%

アップダウンが大きいです。
ちなみに、検索数の絶対値についても、「物流」や「運送」など、他キーワードに比べて圧倒的に少ないです。「物流不動産」に対する、世間からの興味が少ないとも考えられます。悩ましいです。
 

キーワード「配送料」
    2016年 143%
    2017年 159%
    2018年 172%
    2019年 186%

すさまじい勢いで、検索数が伸びています。
「配送料」の検索数が伸びた原因はなんだと思いますか? 物流関係者であれば、路線便等の運賃値上げを考えるかもしれませんが、どうやらそうではないようです。
 
配送料と関連付けられる急上昇キーワードを診ましょう。

  1. メルカリ
  2. メルカリ便 配送料
  3. メルカリ便 送料
  4. らくらく メルカリ
  5. amazon プライム 配送料
  6. らくらく メルカリ便 配送料
  7. らくらく メルカリ便 送料
  8. ウーバー イーツ 配送料
  9. ウーバーイーツ
  10. ラクマ 配送料
  11. ゆうゆう メルカリ
  12. 宅急便 コンパクト
  13. ゆうゆう メルカリ便 配送料
  14. ネコポス
  15. ubereats 配送料
  16. ubereats
  17. クリック ポスト
  18. はこぶーん
  19. amazon 返品
  20. ikea オンライン 配送料
  21. amazon プライム 会員
  22. 無印 良品週間
  23. メルカリ 配送料
  24. ゆうパック 送料
  25. 郵便局

圧倒的にメルカリです。
メルカリ利用者が、配送料や配送手段を検索していることから、キーワード「配送料」が急上昇していると考えられます。
その他の「配送料」関連のキーワードとしては、メルカリに続き、UberEats、Amazon、IKEA、無印などの通販関係のキーワードが混ざっています。
 
このように、メルカリ、ラクマなど、個人間売買サービスは、今後も人気を集めていくことでしょう。この例を挙げるまでもなく、BtoB、BtoCに続き、CtoC(Consumer to Consume/個人間取引)のマーケットが、今後さらに拡大していくことは明らかです。
 
これは、物流も同じです。
ただし、CtoC物流に、ビジネスチャンスを見出すことができる物流企業は、限られるでしょうね。
当社も含め、個人をターゲットとする物流に、苦手意識を持つ物流企業はおいでしょうから…
 
悩ましいところです。


関連記事

■数値や単位を入力してください。
■変換結果
■数値や単位を入力してください。
■変換結果