秋元通信

情報交流会を実施しました

  • 2016.4.11

2016年4月7日、江東区豊洲にて「情報交流会」を実施しました。
あいにくの雨模様でしたが、10社12名のご参加をいただき、活発なディスカッションも行われ盛況のうちに交流会を終えることができました。

情報交流会の主旨について説明する鈴木。

情報交流会の主旨について説明する鈴木。

まずは、弊社取締役:鈴木より、ご参加いただいた皆様へのお礼とともに、この情報交流会の主旨をご説明させていただきました。

  • 「情報」が集う、ターミナルとしての価値創造
  • 物流ビジネスを共闘する、パートナーシップの熟成

ご参加いただく皆様にとって価値のあるテーマを毎回取り上げ、そしてテーマに対するディスカッションを行うことで、参加各社の相互理解を深めていきたいと考えております。

 

※クリックで拡大します

※クリックで拡大します

あわせて、鈴木よりイーカーゴ株式会社設立のご挨拶もさせていただきました。

イーカーゴは、物流不動産をメインビジネスに据えた新会社。
アルケミートレード株式会社に続く、秋元運輸倉庫の新たな子会社です。

秋元運輸倉庫では取締役事業本部長を務め、またアルケミートレードでは取締役を兼任する鈴木が、イーカーゴでは代表を務めさせていただきます。

秋元運輸倉庫、アルケミートレードともどもご愛顧いただくとともに、物流不動産に関するご相談は、ぜひイーカーゴにお問い合わせいただければ幸いです。

 

 

 

 

情報交流会アジェンダ

情報交流会のスケジュール。※クリックで拡大します。

今回情報交流会のテーマは、「採用とインターンシップ」。

前半は、これまでも秋元通信やFacebookなどでお届けしてきた弊社インターンシップの裏話を、インターンシップ・プロジェクトを牽引してきた小畑、上田の両名からお話させていただきました。

中盤は、エン・ジャパン株式会社:瀬見 敦之氏より、現在の採用マーケットについて、ご教授をいただき、その流れを受けて、参加者同士のフリーディスカッションへと進めました。

 

 

和気あいあいとした雰囲気のもと進められたセミナー。笑いも飛び交います。

和気あいあいとした雰囲気のもと進められたセミナー。笑いも飛び交います。

小畑、上田が、「ゼロから始めたインターンシップ」と題してお話ししたインターンシップの裏話。

秋元通信編集部:坂田のリードアウトのもと、小畑、上田からは、弊社がインターンシップにチャレンジした裏話が次々と飛び出します。

「本当に大変だった…」と振り返る上田。
「ホントはやりたくなかった」とぶっちゃけた小畑。

上長である大滝や小林からの鋭いツッコミも受けながら、インターンシップにかけた真摯なわたくしどもの想いを、とてもここでは公開できない本音やエピソードとともに、笑いを交えながらお届けしました。

 

エン・ジャパン瀬見氏の講演。

エン・ジャパン瀬見氏の講演。

エン・ジャパン株式会社:瀬見氏からは、採用マーケットの現状について、採用ビジネスを牽引する同社のご経験や、統計データから分析、ご見識をお話しいただきました。

「トラックドライバー採用の現状と課題」をご案内いただいた時には、会場内に重苦しい雰囲気が漂いましたが、「ドライバー確保に向けた企業の取組」として、同社のお客様における採用成功事例をお話しいただいたことで、ご参加いただいた各社の皆様にも、何かしらのヒントを持ち帰ってもらえたものと考えております。

続くフリーディスカッションでは、各社の採用事情や採用に関するお悩みなど、広範な議論を行うことができました。
物流企業では、採用広告として新聞折込や地方のフリーペーパーを利用するケースが多いかと存じます。
しかし、最近では効果がイマイチになってきていることも、参加各社様が感じられていたようです。

大手就職情報サイトを利用する全国戦略と、地方や地域に強い媒体を探しだし併用する適所戦略を織り交ぜることで、採用に効果を出している某参加者様の試みは、他参加者様の感心を集めていました。

その後は、懇親会へ移動。
協会、組合関係の集いとは、少々趣の異なる秋元情報交流会は、「Fun」と「Interest」の両方を満たす「楽しさ」として、参加してくださった皆様の夜を彩ったようです。

次回の情報交流会は、夏頃の実施を予定しております。
ぜひ多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

フォトギャラリー

関連記事

■数値や単位を入力してください。
■変換結果
■数値や単位を入力してください。
■変換結果